ディスポーザーのトラブル

近年、大型マンションやタワーマンションでは標準装備として普及している「ディスポーザー」。

生ゴミ処理の負担は半減、夏の生ゴミ臭気の問題も解決するとして主婦の間では「キッチンに欲しい装備」として人気が高いですが、一方で、間違った使用方法により、トラブルを起こす危険性もあります。

生ゴミ処理機といっても、何でもかんでも粉砕処理が出来るわけでは有りません。
家庭用ディスポーザーは排水口から水道管に繋がる部分に設置されているわけですから、一度の処理分量には限界があります。

あなたにぴったりのNAVERまとめ情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

それを無視して大量に詰め込み、粉砕処理を行おうとすれば、機械故障の原因にもなりますし、つまりの要因を作る事にもなります。

ディスポーザーの取扱説明書には、粉砕に不向きな生ゴミや使用上の注意が細かく記載されているので、使用する前にはきちんとした使用方法を理解する必要が有ります。

家電商品は主婦の家事労働負担を軽減するものであり、「0」にする魔法の道具ではないということです。



メーカー側がうたっている宣伝文句に嘘は有りませんが、あくまで使用するのは人間側で機械が全てを解決するわけではないと言う、認識をきちんと持つべきです。
取扱説明書を全く無視した使用方法で便利な機械をトラブルを生む不便なものにしてしまっては元も子も有りません。

様々なディスポーザーのココだけの話をしましょう。

不必要に神経質になる必要は有りませんが、便利なものを利用するときは、利用方法に従うと言う最低限のルールを守るのは消費者の義務ではないでしょうか?。